カードローンには年齢制限がある

世の中には、実に数多くのカードローン商品が流通しています。しかし、どんなカードローンにも年齢制限があります。そして、その制限には下限も上限もあります。ですから子供はカードローンを利用することはできませんし、超高齢者のかたも利用できません。

ただし年齢の下限も上限も、カードローン業界全体で統一的に決められているわけではありません。年齢制限というのは、カードローン会社によって独自に決められているのです。ですから、或る会社では満20歳から満60歳までと決められていても、別な会社では満18歳から満70歳未満と決められていることもあるのです。

しかしカードローン業界全体を広く見回してみると、年齢の下限は20歳が多く、上限は60歳から70歳位の会社が主流を占めているのは間違いありません。ですから年齢制限に微妙に引っ掛かりそうな人は、事前に貸し付け条件や利用規約などをよく読んでおくことが大切です。もしも制限に引っ掛かれば、申し込んでも受け付けてもらえません。

カードローンは貧乏でも大丈夫

カードローンについてよく知らない人の中には、カードローンは貧乏人には利用できないのではないかと思い込んでいる人がいます。つまり、貧乏だと申し込んでも審査には通らないと勘違いしているということです。

確かに、住所不定で無職の浮浪者のような人ではカードローンは利用できません。

しかし、単に低所得で貧しい暮らしをしているという程度であれば、審査に通る可能性は十分にあります。少なくとも、初めから申し込みを諦める必要などはありません。

結論を言うと、カードローンの審査に通るか通らないかは、その人の属性によります。属性とは、その人の返済能力や社会的信用力を調べるために必要な個人情報のことです。たとえ貧乏でも毎日きちんと働いていて毎月給料をもらっているような人であれば、審査に通ることは可能です。

プロミスは「しっかりとお金を返済してくれる方」へお金を貸します。ですから、収入や会社への勤続年数から「収入の安定感」があるかどうかを考慮します。もし給料が多かったとしても勤続年数が短い場合は審査を通過できない場合もあります。もし給料が少なかったとしても、長い間職場に勤めているとなれば審査を通過することもあります。

(引用:プロミスおまとめローン | プロミスの審査に通るための借入ガイド

ただし、所得が低い人は高い人に比べて、貸してもらえるお金の金額はどうしても低めになってしまうことは避けられません。その点は注意しましょう。

カードローンは便利だけどよく考えて

最近、消費者金融会社のATMが数多くあり比較的気軽にカードローンを利用できるようになってきました。

急な出費など、どうしてもお金が足りなくなった時などは、確かに便利かもしれません。友人や親族など信頼できる知人にお金を借りる、という方法もないではありませんが、なかなか頼みにくいものです。それで、最後の洗濯しとして、あるいは人によっては唯一の選択肢としてカードローンに手を出します。

しかし、借りたなら当然、返さなくてはなりません。

しかも利子がついてきます。大抵、どのカードローンでも金利は18パーセントです。これは法定金利ギリギリですが、一旦借りるとこの利子も含めて返済するのは決して楽なことではありません。

お金を借りる前に、その出費は本当にどうしても必要な物なのか?もう一度じっくり考えて見る必要があると言えます。

お金の管理をしっかりとしてカードローンを利用したいです

いつでもお金を借りることが出来るのでカードローンを頼り過ぎてしまっているので少し使い方には気をつけたいです。お金が無い時にATMを見かけるとカードローンでお金を借りればいいかなと思ってしまうのです。

本当に自分のお金のようにATMでお金を借りることが出来るのでお金の管理はちゃんとするようにしたいです。いくら便利なカードローンでも返済をすることが出来なくなって生活が苦しくなってしまうのは困るのです。

ATMでお金を借りることが出来るのはいつ利用をしても凄いなと感じています。他の人から見たらお金を借りているなんてわからないですし恥じる必要も無いのでとても利用しやすいです。カードローンの店頭に行ったりしなくてもいいのもメリットだなと感じています。

ついついお金を借りて済ませてしまおうと思うくらいカードローンは便利です。自分に合った利用の仕方をすることが出来ますしお金を借りることがこんなに簡単で便利なのはカードローンだからなのです。

事業をしている人がカードローンを利用するには

社会人は会社勤めをしているサラリーマンだけでなく、自分で事業をして収入を得ている人もいます。

そして事業をしている人はサラリーマンの人と同じようにカードローンを利用するためにはどのようにすればいいのかというと審査を受ける時になるべくポジティブな条件を満たすようにすることです。

具体的にはここ数年は安定して事業をしているので収入面では問題ないといったことや借入をした場合はしっかりと返済をしているという実績を作ることがあげられます。

また銀行系のカードローンを利用する場合は定期的に貯金をすることによって、信用を勝ち取るという方法もあります。それから自分の事業以外の方法で収入を得ることによって、審査に通過することが出来る可能性が高くなります。

また自分の所持している資産を見せることによって、リスクが少ないということをアピールするのもアリでしょう。

このように自分で事業をしている人はいろいろな方法でカードローンを利用することができます。